真ん丸形

婚約指輪は男性は自分の思いを伝えるものですし、受け取ったときに、相手の思いを知り、いつも指にはめるときに、そのときの感激を思い出すことが出来るとても大切なものです。
また二人の愛を誓う結婚指輪も同じように大切です。ですから、その指輪に物語性を持たせ、記憶に残るようなものを贈るのがいいかと思います。
ハワイアンジュエリーのように、いろいろメッセージを指輪に彫ることで、自分の思いを伝える方法があります。
指輪ではなく、渡し方に工夫をこらして、特別な指輪にする方法もあります。
フェイスブックなどをみていると、婚約指輪を渡す方法として、友人たちに頼んでストリートモブをして渡したりと、いろいろ記憶に残るように工夫がされているのを知ることができます。
ネットをみていると、バルーンなどで、部屋を飾って、思い出の舞台を演出してくれる会社もあるようです。
値段に関係なく、ストリー性のあるこれからの2人の思い出作りの第一歩になるような指輪を選んだり、指輪の渡し方にしたいと思います。

2人の絆の証

日本では婚約指輪はプラチナのダイヤが一般的です。
昔は男性の給料の3ヶ月分などといわれたものです。
今は、ダイヤモンドでもブランド物がいいという花嫁さんもいるようです。
見栄を張るのではなく、気持ちが嬉しいといってもらえるようなお嫁さんがいいですよね。
海外ではゴールドの台にダイヤで、結婚指輪がゴールドのちょっと太めのシンプルな指輪が多いようです。
今流行のハワイアンジュエリーはゴールドが多いので、婚約指輪もこれに合わせて、ゴールド台の一粒ダイヤが入っているのもお洒落ではないでしょうか。
それともニーシングのように。
ダイヤのとめ方がちょっと変わっているモダンなデザインの指輪には、結婚指輪もシンプルなものを選ぶといいと思います。
ジャンセンの指輪は次愚そうパズルのようになっていますので、ダイヤの指輪を最初に婚約のときに贈って、結婚指輪で、石なしを組み合わせ、赤ちゃんが生まれたり、結婚1周年にもう一つ指輪を足して、3連のパズルの指輪にするのも今風でお洒落かと思います。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031